スポンサーリンク
次の取引について、下記の語群から勘定科目を選んで仕訳してください。
商品¥100,000(消費税抜き)をクレジット払いの条件で販売し、信販会社へのクレジット手数料(消費税抜き販売代金の4%)を販売時に認識した。なお、消費税率は8%、税抜方式で処理するが、クレジット手数料には消費税は課税されない。
(語群:クレジット売掛金・仮払消費税・仮受消費税・売上・支払手数料)

≫ 解答・解説はこちら

【解答】
(借)クレジット売掛金 104,000
(借)支払手数料     4,000
  /(貸)売   上 100,000
/(貸)仮受消費税  8,000

【合格直結の思考】

(1)税抜本体部分と、消費税部分に分けます。まず、消費税を無視した本体部分の仕訳は、
(借)クレジット売掛金 9,600
(借)支払手数料     400
/(貸)売     上 10,000
(2)次に、消費税部分。本体代金¥100,000の8%なので、
(借)クレジット売掛金 8,000
/(貸)仮受消費税    8,000
・・・消費税部分も本体と合わせて請求するので、クレジット売掛金に加えます。

【合否を分けるポイント】

(1)本体部分と消費税部分に分けて考えること

≫ 解答・解説を閉じる

スキマ時間で簿記2級!「クレジット売掛金」解説講義ページへ

スポンサーリンク